651~700

親に背くはよくないが、真理に背くは尚(なお)悪い

肉体で云ふこと、神の申すこと、よく聞きわけ下されよ

霊媒(れいばい)通じてこの世に呼びかける霊の九分九分九厘は邪霊であるぞ

神示(ふで)しめすに、順乱して来るぞ
慾出して下さるなよ
順乱れる所に神のはたらきないぞ

人民 自由にせよと申して、悪自由してならん

喜べよ
よろこびは弥栄(いやさか)のたね蒔くぞ

祈りは実行ぞ

云はねば(言わねば)ならんし、云へば肉体が申すやうに思っておかげ落すし、判らんこと申すやうに、自分のものさしで測るし、学の鼻高さんには神も閉口

神徳積んだら人の前に自分かくせるやうになるぞ
頭に立つ者 力かくせよ

昨日より今日、今日より明日と、一歩一歩 弥栄(いやさか)えよ
一足飛び、見てゐても危ない

660

想念は形式をもって始めて力出るぞ

物も神として仕へば神となるぞ

相談と申せば人民ばかりで相談してゐるが、神との相談結構ぞ
神との相談は神示(フデ)よむことぢゃ
行き詰ったら神示(フデ)に相談せよ
神示(フデ)が教へて、導いてくれるぞ

罪を憎んでその人を憎まずとは悪のやり方、神のやり方はその罪をも憎まず

生活が豊かになって来るのが正しい理(ミチ)ぞ
行き詰ったら間違った道歩いてゐるのざ
我では行かん
学や金ではゆかん
マコトの智一つと申してあらう

目的よくても実行の時に悪い念入ると悪魔に魅入られるぞ
心せよ

梅干大切心の

心に誠あり、口にまこと伝へるとも実行なきもの多いぞ
偽りに神の力は加はらない
偽善者 多いのう

死産の子も祀らねばならん

逆怨み(さかうらみ)でも怨みは怨み
理屈に合はんでも飛んだ目に会ふぞ

670

今迄の教(おしえ)では立ちて行かん
生れ替らねば人も生きては行かれん

平等愛とは、区別愛のことぞ
公平と云ふ声に騙されるなよ
数で決めるなと申してあらうがな

群集心理とは一時的の邪霊の憑きものぞ

上から乱れてゐるから下のしめしつかん

われよしのやり方では世は治まらん

悪神かかりたなれば自分では偉い神様がうつりてゐると信じ込むものぞ
可哀さうなれど それも己の天狗からぞ
取違ひからぞ
霊媒の行(おこない)見ればすぐ判るでないか
早う改心せよ

霊のおもちゃになってゐる者多い世の中、大将が誰だか判らんことになるぞ

先生と申してやれば皆先生になって御座る
困ったものぞ

自分 拝まねば(おろがまねば) どうにもならんことになって来るぞ

世を捨て、肉をはなれて天国近しとするは邪教であるぞ
合せ鏡であるから片輪となっては天国へ行かれん道理ぢゃ
迷信であるぞ

680

徳つめばこそ天国へ昇るのぢゃ
天国に行く人、この世でも天国にゐるぞ

悪は善の仮面かぶって心の中に喰入ってゐるぞ
仮面が理屈、理屈は隠れ蓑(みの)

神の理(みち)を明らかにすれば、神はその人を明らかにする

天使は天と地の和合者、仁人は地と天の和合者

何処(どこ)で何してゐても道さへふんで居れば弥栄(いやさか)えるぞ
行き詰ったら省みよ
己の心の狂ひ、判って来るぞ

神から伸びた智と愛でないと、人民の智や学や愛はすぐペシャンコ
やりてみよれ

根なし草には実は結ばんぞ

お尻出したら お尻綺麗にふいてやれよ
怒ってはならん
子の尻と思うて拭いてやれよ

判った人民よ
今の内は阿呆(あほう)結構ぞ
一つに和して御座れ
人間心で急ぐでないぞ

自分に捉はれると局部の神、有限の神しか判らんぞ
自分捨てると光さし入るぞ

690

省みると道 見出し、悟ると道が判り、改むると道 進む

苦しむばかりが能ではない
自分の中にあるから近よって来るのであるぞ
厭な(いやな)こと起って来るのは、厭なことが自分の中にあるからじゃ

慢心出るから神示(ふで)読まんやうなことになるのぞ
肚の中に悪のキ這入る(はいる)からぐらぐらと折角(せっかく)の屋台骨 動いて来るのぞ

人の心がまことにならんと、まことの神の力 現はれんぞ

みたまみがきとは善いと感じたこと直ちに(ただちに)行ふことぞ

愛は神から出てゐるのであるから、神に祈って愛さして戴くやうにすると弥栄える(いやさかえる)ぞ
祈らずに自分でするから、元を絶つから、われよしに、自分愛になるのぞ
自分 拝む(おろがむ)のは肉愛でないぞ

神と人の和は神よりなさるものであるぞ
本質的には人間から神に働きかけるものでないぞ
働きかける力は神から出るのであるから、人間から和し奉らねば(たてまつらねば)ならんのであるぞ

信じ合ふ一人が出来たら一つの世界を得たこと
一つ得たら二つになったことぞ

祈りを忘れることは、神を忘れること
神から遠ざかること
それではならんのう

安全な道通れ
安全な教(おしえ)の所へ集まれよ

700

  • 最終更新:2018-02-16 21:17:47

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード