1051~1100

今迄の心 大河に流してしまへば何もかもよく判って嬉し嬉しとなるのざぞ

雨風さへどうにもならんであろうが
生物 何んで息してゐるか、それさへ判らいで居て何でも判ってゐると思ってゐるが鼻高ぞと申すのざ

皆仲よう相談して悪き事は気付け合ってやりて下され
それがまつりであるぞ

魔の仕組、神の仕組、早う旗印見て悟りて下されよ

何事も苦労なしには成就せんのざぞ
苦労なしに誠ないぞ

神示よく読めと、神示よく肚に入れと申してあるが、神示肚に入れると胴すわるのざぞ
世界から何んな偉い人が出て来て何んな事尋ねても教へてやれる様になるのざぞ
神示胴に入れて頭下げて天地に働いて下されよ
まつりて下されよ
素直になれば其の場から其の場其の場で何事も神が教へてやるから、力つけて導いてやるから、何んな神力でも授けてやるぞ

我さえよけらよいとまだ思って御座る臣民まだで御座るぞ
自分一人で生きてゆけんぞ
神許りでも生きてゆけんぞ
爪の垢でもだてについてゐるのではないのざぞ
判らんと申しても余りで御座るぞ
まつりせよ
地(つち)にまつろへよ
天(あめ)にまつろへよ
人にまつろへよ
草木動物にまつろへよ、と、くどう知らしてあるのに未だ判らんのか
神拝む許り(ばかり)がまつりでないぞ

悪気ない許り(ばかり)では神の御民とは申されんぞ

淋しくなりたら神示(ふで)尋ねて御座れ

天国に底ない様に地獄にも底ないぞ
何処までも(どこまでも)落ちるぞ

1060

神の心の判りた臣民から助ける御用にかかりて呉れよ

何時も変らぬ松心でおれと申して御座ろがな

大難小難にと祈れと申してくどう知らしてあろがな
如何様(いかよう)にでも受け入れてよき様にしてやる様仕組てある神の心判らんか
天災待つは悪の心、邪と知らしてあるがまだ判らんのか
苦に負けて大変待ちゐる臣民 沢山あるが、そんな守護神に使はれてゐると気の毒になりて来るぞ
よく神示読んで下されよ

甘くてもならんぞ、辛(カラ)くてもならんぞ、甘さには辛さいるぞ

天の神様許り(ばかり)ではならんのざ

心さっぱり大河に流して神示(ふで)読んで下されよ
何時迄(いつまで)も神待たれんぞ

神の智と学の智とは始は紙一重であるが、先に行く程ウンプ(運否)出来て来て天地の差となるぞ

誠の神の薬のやり方 悪の神の毒のやり方ともなるぞ

何事も順正しくやりて下されよ
神は順であるぞ
順乱れた所には神の能(はたらき)現はれんぞ

何もせんでゐて、よき事ばかり待ちてゐると物事後戻りになるぞ
神の道には後戻りないと申してあろがな
心得なされよ

1070

近慾(ちかよく)に目くれて折角のお恵みはづすでないぞ
神 キつけておくぞ

人の苦しみ見てそれ見た事かと申す様な守護神に使はれてゐると気の毒出来るぞ

毒と薬でうらはらであるぞ

五と五では力出んぞ、四と六、六と四、三と七、七と三でないと力生れんぞ

此の道は中行く道と申して知らしてあろがな

力余ってならず、力足らんでならず、しかと手握りてじっと待ってゐて下されよ

誠の教ばかりでは何もならんぞ
誠の行(オコナイ)出来んと此の道開けんぞ

理屈申すでないぞ
幾ら理屈立派であっても行(オコナイ)出来ねば悪であるぞ

此の世の事は人民の心次第ぞ

我一(いち)力では何事も成就せんぞ
手引き合ってやりて下されと申してあること忘れるでないぞ

1080

キが元と申してあるが、キが餓死(うえじに)すると肉体餓死するぞ
キ息吹けば肉息吹くぞ
神の子は神のキ頂いてゐるのざから食ふ物無くなっても死にはせんぞ
キ大きく持てよと申してあるが、キは幾らでも大きく結構に自由になる結構な神のキざぞ

臣民 利巧(りこう)なくなれば神のキ入るぞ
神の息通ふ(かよう)ぞ
凝りかたまると凝りになって動き取れんから苦しいのざぞ

馬鹿正直ならんと申してあろがな

何より改心第一ぞと気付けてあろが

神示肚にはいれば未来(さき)見え透くのざぞ

此の地(つち)も月と同じであるから、人民の心 其の儘に写るのであるから、人民の心悪くなれば悪くなるのざぞ
善くなれば善くなるのぞ

めんめめんめに心改めよと申してあろがな
人民と云ふ者は人に云はれては腹の立つ事あるものぢゃ
腹立つと邪気起るから めんめめんめに改めよと
くどう申すのぢゃぞ
※めんめ(面々)- その時々、その都度、各々、ひとりひとり

智や学ではどうにもならんと云ふ事よく判りておりながら、未だ智や学でやる積り、神の国の事する積りでゐるのか
判らんと申して余りでないか

何事も判った臣民 口に出さずに肚に鎮めておけよ
言ふてよい時は肚の中から人民びっくりする声で申すのざ
神が申さすから心配ないぞ
それまでは気(ケ)も出すなよ

理屈悪ざぞ

1090

銭儲けて口さへすごして行けばよい様に今の臣民まだ思ってゐるが、それは四つ足の四つの悪の守護で
ある位 判りておろがな

他を退ける事は悪であるぞ
まつりまつりとくどう申してあること未だ判らんのか

人の苦労あてにして我が進んで苦労せん様な人民では神の気感(きかん)に適はん(かなわん)から、今度は苦労のかたまりの花咲くのざ
苦の花咲くのざぞ

上面(うわっつら)洗へばよくなるなれど、肚の掃除なかなか出来んぞ
道広める者から早う掃除まだまだであるぞ

食ひ物大切に家の中キチンとしておくのが開(カイ)の御用ざぞ
初めの行(ぎょう)ざぞ

出て来ねば判らん様では、それは神力無いのぞ
軽き輩(やから)ぢゃぞ
それで神示(ふで)読めとくどう申してゐるのざぞ
神の申す事 誠ざと思ひながら出来んのは守護神が未だ悪神の息から放れてゐぬ証拠ざぞ

悪神は如何様にでも変化(へんげ)るから、悪に玩具(おもちゃ)にされてゐる臣民人民 可哀想なから、此の神示(ふで)読んで言霊高く読み上げて悪のキ絶ちて下されよ
今の内に神示じっくりと読んで肚に入れて高天原となっておりて下されよ

悪魔に邪魔されて神示(ふで)読む気力も無くなる臣民 沢山出て来るから気付けておくのざ

人に云ふてもらっての改心では役に立たんぞ
我と心から改心致されよ

我でやらうと思ってもやれないのざぞ
それでも我でやって鼻ポキンポキンか
さうならねば人民得心出来んから やりたい者はやって見るのもよいぞ
やって見て得心改心致されよ

1100

  • 最終更新:2018-02-16 21:22:29

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード